日本にヴィーガンってどれくらいいるのだろうか。

今、世界的にベジタリアン人口が増えている、という投稿やブログをたびたび見かけるようになりました。

ドイツはベジタリアンの割合が10%以上になったとか、

アメリカのティーンエイジャーの半分がベジタリアンだとか

そういう投稿です。

そして、何よりヴィーガン 栄養 で検索すると、

少し前までは割とポジティブな記事がヒットしたのですが、

先ほど検索したら、ネガティブな記事もたくさんヒットするようになって

 

ああ、話題になってるのかな

 

という感じです。(あえて、陰謀論的な思考はしないようにしています。)

 

ところで、日本のヴィーガン人口はどれくらいいるのだろう、と調べたところ

 

NPO法人アニマルライツセンターさんが調査を行なったデータから、以下のような記事を発表されていました。

http://www.hopeforanimals.org/MeatFreeMonday/00/id=360

このエシカル情報サイト Hachidoryさんも、同じNPO法人さんが運営なさっています。

 

 

 

これによると、日本のベジタリアン率は4.7%であり、

中でも、ヴィーガン率は2.7%であるということです。

 

さらに、記事のなかでは

 

年代別で見ると、ベジタリアン・ヴィーガンともに、10代でもっとも多かった。
ヴィーガン率にいたっては、全体では2.7%だが、10代では9%と高い数字であった。

ヴィーガンという言葉を知らない日本人も多い中で9%もの10代がヴィーガンであるというのは、

SNSを駆使する10代の情報収集能力は高さを示すのもでもあろうかと思われる。

 

と言及しています。

 

そうか・・・ということは、今の長男の小学校の人数からすると同じ学年に1人しかいないのもうなずけますね。

(長男はただひとり、お弁当です。)

 

まだまだマイナーなベジタリアン、ヴィーガンですが、

個人的には意外と高かったのね、という感想です。

 

今後はこの言葉がなくなるくらい(元々、日本では芋虫を食べないのと同じような感覚で)

当たり前のことになってほしいと思っています。

 

だって、本当に理由がないんですもの・・・肉食する・・・・

栄養のことだって、もう海外を含めてちょっと情報収集すれば解決できますし、

ちゃんと学ぶことだってできますしね。

 

不要な殺しをするのをやめよう、と

当たり前のように言える日が待ち遠しいです。

 

<調査概要>

*消費者調査
【調査名】畜産動物に関する調査
【実施主体】NPO法人アニマルライツセンター *民間の調査会社インテージに依頼
【調査期間】2014/12/17~2014/12/19
【有効回答数】1,188
【目的】 畜産動物に関する消費者意識・行動等を把握する。
【調査設計】 手法:インターネット調査(ネットモニター)
【調査地域】全国
【対象者条件】ネットモニターうち、15~59歳男女を対象
*中学生以下除く
*画像使用しない。
*ISO20252:「市場、世論、社会調査ー用語とサービス要求事項」を順守。
*男女比 男性50.8% 女性49.2%